BESTWOOD・えんこの小山 BESTWOOD・えんこの小山
木のデザイン帳


セール


高機能塗料


お買物について


TOP

ベストウッド
〒136-0082
東京都江東区
新木場3-7-21

有限会社 小山商店

 フローリング材の小山商店トップへ

木のうんちく
無垢フローリング材の小山商店トップへ

辺材と心材
木の組織は、根から水を吸い上げて葉を繁らせたり、幹を太くして上方へ伸びる、いわば生活機能を有する部分と、幹を支えるための骨格の役割を担う、水分や養分の移動が停止して生きている細胞がなくなった部分に分かれています。
前者を辺材、後者を心材と呼んでいて、辺材は樹皮のすぐ内側に位置して心材を取り巻き、木が生長して太るに従い心材に接している細胞が死んで心材に移行していきます。大木の根本は大部分が心材になります。

辺材は「白太(しらた)」と呼ばれます。栄養分を多く含みカビ、菌やシロアリの被害に遭いやすく耐久性が劣るため、建築という視点からの価値は低くなります。とはいえ水湿の影響が少ない内装用としては、色の白さを生かした桧、杉の純白材や、メープル・イエローパインなど白太のみを用いる材もあります。

心材は耐久性を増加させる精油成分を多く含むため、色が辺材に比べて濃色になるので「赤身」と呼ばれます。 昔から耐久性を求められる土台の部分には桧やヒバの赤身材が使われてきました。また豊富な樹脂分により、年を経て色艶がますます深まるため、内装材としても赤味が賞用されてきました。桧の赤無節のフローリングは見ているだけでほれぼれしてしまいます。地松や欅など、歳月を経るほどに味わいが深まるのも赤味ならではでしょう。

杉の白太と赤味
戻る
健康塗料オスモカラー
高耐久ウッドデッキ材
自然の植物油とワックスを精製。人と環境に優しい塗料
水湿に強い!薬剤処理ナシ!安心の高耐久木材
(C) Copyright 2008 KOYAMA-SHOTEN All Rights Reserved.