BESTWOOD・えんこの小山 BESTWOOD・えんこの小山
木のデザイン帳


セール


高機能塗料


お買物について


TOP

ベストウッド
〒136-0082
東京都江東区
新木場3-7-21

有限会社 小山商店

 フローリング材の小山商店トップへ

木のうんちく
無垢フローリング材の小山商店トップへ

針葉樹と広葉樹
杉や桧のように比較的まっすぐ伸びて高木になり、葉が針のように細くて落葉しないものが針葉樹、ブナや栗のように枝分れしてこんもり繁り、広い葉を持ち落葉するものが広葉樹です。山に生えているときには一目見てどちらなのかわかります。板材としても比較的区別しやすく、通常は軽くて柔らかく素直な木目が針葉樹、ずっしりと重くて硬く複雑な木目が広葉樹です。

針葉樹は材の動きが比較的おだやかで、また肌触りが暖かく柔らかです(比重0.3〜0.7g/立方p)。日本は湿度の変化が大きく、住まいでは素足で歩き足が床に接するため、材の動きが少なく、ぬくもりを感じさせる針葉樹が昔から使われてきました。洋風化が進む今日でもリビングの床をフローリングにして寝っころがる人が多いようですが、桧などの針葉樹を使うと、暖かさがひときわ違います。

広葉樹は堅くがっしりしていて傷つきにくく(比重0.6〜1.1g/立方p)滑らかな光沢を持ち、木目は入り組んでやや冷たい感触があります。欧米では年間を通じて湿度が低く、また家の中を靴を履いたまま歩くので床材として広く使われています。玄関廻りや応接室などに使うと、どっしりとした洋館の雰囲気を演出できます。

用途としても和風建築は針葉樹を、洋風建築は広葉樹を多く使うようです。
戻る
健康塗料オスモカラー
高耐久ウッドデッキ材
自然の植物油とワックスを精製。人と環境に優しい塗料
水湿に強い!薬剤処理ナシ!安心の高耐久木材
(C) Copyright 2008 KOYAMA-SHOTEN All Rights Reserved.