BESTWOOD・えんこの小山 BESTWOOD・えんこの小山
木のデザイン帳


セール


高機能塗料


お買物について


TOP

ベストウッド
〒136-0082
東京都江東区
新木場3-7-21

有限会社 小山商店

 フローリング材の小山商店トップへ

木のうんちく
無垢フローリング材の小山商店トップへ

樹脂(艶と香り)
木材の細胞はセルロース・ヘミセルロース・リグニンという人間でいえば骨格に相当する主成分と、水やアルコールに溶けて抽出される脂肪族化合物・フラボノイド・テルペン他からなる副成分に分けられます。副成分は心材に多く含まれ、芳香や樹脂・艶といった形で徐々に木材から放出されます。揮発性の高い成分は空気中にとけ込んで香りとなり、低い成分は木材の表面に残って艶になります。樹種によりその成分や量は異なり材特有の香りや艶がでます。

桧や青森ヒバに多く含まれるヒノキチオールは鎮静作用と殺菌効果のあることで知られていて、さわやかな芳香が特徴です。桧の良材は少しベタつくほどの樹脂が出ますが、これをワックスや米糠、変わったところでは焼酎!で全体に延ばして手入れすると、美しいべっこう色の艶に変わります。米国産のインセンスシダーは虫を寄せ付けない香り成分があるのでクローゼットの内側に使われています。

反対にスプルースや日本の杉は樹脂の放散が少ない点と木材本来の持つ調湿機能を評価されて、博物館や美術館のの収蔵庫の内壁にも使われます。

松類の樹脂は粘度が高く除去しづらいのでたいていはヤニ止め処理をしますが、国産の地松をヤニ止めせずに米ぬかで磨き込むと芸術品ともいえる美しい色・艶が現れます。松のお盆で数十万円などというものがありますが十年以上磨き込むと何倍もの価値になるそうです、ため息・・・。
戻る
健康塗料オスモカラー
高耐久ウッドデッキ材
自然の植物油とワックスを精製。人と環境に優しい塗料
水湿に強い!薬剤処理ナシ!安心の高耐久木材
(C) Copyright 2008 KOYAMA-SHOTEN All Rights Reserved.