BESTWOOD・えんこの小山 BESTWOOD・えんこの小山
木のデザイン帳


セール


高機能塗料


お買物について


TOP

ベストウッド
〒136-0082
東京都江東区
新木場3-7-21

有限会社 小山商店

 フローリング材の小山商店トップへ

木のうんちく
無垢フローリング材の小山商店トップへ

火には弱いが火事には強い
木材は可燃物ですが、柱や梁などの構造材としての耐火性能を考えると高温でも強度が低下しないという大きな長所があります。木材は燃えると表面に炭化層を形成して、その内側は温度が上がっても炭化しない限り強度を維持しています。炭化の進み方を炭化速度といい1分間に約0.6oとされており、炭化していない部分で荷重をカバーしている限り柱や梁が破壊されることはありません。

これに比べて鉄は燃えないものの熱にはきわめて弱く、400度(紙の発火温度)から強度が低下し始め、600度になると強度は通常の約5分の1にまでなってしまいます。アルミに至っては400度で5分の2になり、500度を超えると熔けて形がなくなります。この欠点をカバーするために大規模建築では鉄筋コンクリート造りが主流となっていますが、一般住宅では軽量鉄骨造りなのでむき出しのままで使われています。テレビニュースなどで木造家屋が全焼して柱と梁だけになった映像を見ることがありますが、これは木材が火事に弱い証明ではありません。全焼なのに柱や梁が最後まで残っています。軽量鉄骨の家屋が全焼すると、柱も梁も崩れて建物の痕跡がなくなってしまうのです。

また木造建築の火災は火の勢いで崩壊の過程がわかり、適切な消火・救助活動ができるのに比べ、鉄骨の建物では崩壊するタイミングがわからないため消火活動の危険も大きいといわれます。つまり木材は火には弱い(燃える)けれど火事には強いといえるのです。
戻る
健康塗料オスモカラー
高耐久ウッドデッキ材
自然の植物油とワックスを精製。人と環境に優しい塗料
水湿に強い!薬剤処理ナシ!安心の高耐久木材
(C) Copyright 2008 KOYAMA-SHOTEN All Rights Reserved.